IMG_6233.JPG

ホットチョコレートドリンク、マカロン、ケーキもコンフィチュールもX’mas気分です。

IMG_6242.JPG

コンフィチュール ショコラ&バナーヌ

まず始めに

IMG_6175.JPG

オレンジジュースとグラニュー糖、輪切りにしたバナナとレモンジュースを一緒にナベに入れて火にかけます

IMG_6225.JPG

刻んだチョコレートはスモーキーなアロマが特徴のパプアニューギニア産チョコレート。

炊き上げたバナナ&オレンジのジュースを注ぎ入れて、チョコレートを溶かし込みます。

IMG_6227.JPG

混ぜ合わせてガナッシュ状にしたら、一晩休ませておきます。

IMG_6228.JPG

翌日、再び火にかけて、アクを丁寧に取り除いて煮詰めて糖度を調整すれば完成です。

IMG_6234.JPG

チョコレートの力強い味わいとバナナの濃厚さに、オレンジジュースのジューシーさを合わせたコラボレーション。

温めてお召し上がりいただくと、一層香りのインパクトを感じていただけると思います。

カマンベールレアチーズ

写真 2014-11-09 18 35 48

カマンベール風味のレアチーズです!

カマンベールチーズペーストとクリームチーズのミックス。

あらかじめ練り合わせて柔らかく戻しておきます。

IMG_6212.JPG

レモンジュース、アルザスの辛口白ワイン、ゲヴェルツトラミネールを混ぜ合わせてベースのチーズクリームを用意します。

IMG_6117.JPG

さらにゼラチンを加えたカマンベールチーズミックス、ホイップクリーム、イタリアンメレンゲで、ふんわりとしたレアチーズクリームを仕込みます。

IMG_6242.JPG

ラベンダーはちみつを加えて仕込む、アングレーズクリーム。

IMG_6241.JPG

液状のフレッシュクリーム、牛乳と卵黄を合わせて、アングレーズクリームを炊き上げてからはちみつを加える事で、ラベンダーの香りが熱によって損なわれること無く、風味豊かに味わっていただけます。

IMG_6214.JPG

メレンゲと合わせてふんわりと仕上げたカマンベールレアチーズ。

IMG_6115.JPG

二枚のスチームオーブンで焼成した米粉のスポンジ。

カマンベールチーズの表皮を表現してあります。

カマンベールレアチーズ、センターに冷やし固めたラベンダーはちみつクリームをセットします。

IMG_6215.JPG

冷やし固めたレアチーズをホイップクリームで覆い、スチームスポンジのケーキクラムを貼り付けて完成です。

仕上げはシンプルに、セミドライマスカットレーズンを添えて。

マカロン レモン&ジンジャー

IMG_6233.JPG

二色のマカロンを挟んで仕上げた、色合いにもクリスマスカラーをあしらったマカロンは、欧米ではクリスマスアドヴェンドの定番の組み合わせ、「ジンジャー」をたっぷりと加えます。

IMG_6236.JPG

ガナッシュに加えるフレッシュクリームに、レモングラス、レモンゼストを加え、爽やかな香りを移します。

IMG_6237.JPG

二色のマカロンコックはピンク、グリーン。共にクリスマスカラーです。

IMG_6238.JPG

セレクトしたチョコレートはコスタリカ産ミルクチョコレート。
クローブ、シナモンのようなアロマを併せ持つクリーミーなチョコレートとレモン風味のガナッシュに、ジンジャーペーストを加えます。

IMG_6240.JPG

バターを加え、つややかに仕上がったガナッシュをマカロンに絞り出し、サンドしたら完成です。

ジンジャーの辛みはおだやかに、爽やかな酸味をまとったスパイシーな味わいは個性的ながら、味わいやすく調整してありますので、クリスマス気分をいち早くお楽しみくださいね。

もちろん、クリスマスシーズン限定品ですので、お早めにどうぞ。

ホットチョコレートドリンク

写真 2014-11-11 11 47 48

テイクアウト、イートイン、どちらでもご入用できる温かいチョコレートドリンクです。

写真 2014-11-08 9 44 00

温めた牛乳、ベルギーチョコレートを混ぜ合わせていきます。

写真 2014-11-08 9 48 23

牛乳の一部とチョコレートでガナッシュを作り、丁寧に混ぜ合わせながら舌触りなめらかな、かつチョコレートの味わい豊かなドリンクに仕上げていきます。

専用のサーバーで攪拌しながら、保温状態をキープしてご提供いたしております。

パティスリースタイルならではの、上質なクーベルチュールで仕上げたドリンクです。

冬場限定でのご提供です。あったまりたいときにぜひ。おススメのほっとドリンクですよ。

こちらの記事も読まれています