写真 2015-07-04 20 28 00

お菓子教室、動画が完成しました!

今回はケーキの定番メニューのひとつ、チーズスフレを本格的に、かつオリジナリティあふれる創作スイーツに仕上げました!
アボカド、レモンを使ってさっぱりとした後味、濃厚なチーズとの味わいの対比をお楽しみください。
レシピ、製法は下記よりご覧いただけます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

アボカドを使ってベジスイーツを作りましょう





スポンサーリンク





マンハッタンチーズケーキ
18cm、6号サイズ1台分

45g 卵黄
15g グラニュー糖
12g コーンスターチ

66g 卵白
40g グラニュー糖

16g 無塩バター
90cc 牛乳
オレンジゼスト、レモンゼスト各少量

100g クリームチーズ (デンマーク産)
75g クレームドゥーブル

2cc ダークラム
4cc レモンジュース

事前に準備すること

*クリームチーズはあらかじめ柔らかく戻しておく

*牛乳とバター、柑橘の皮を一緒に火にかけて温め、香りを抽出させておく

*セパレートペーパーを巻いた型にジェノワーズを敷き込み、5ミリ厚にカットしたセミドライアプリコットを並べておく

⑴ 卵黄とグラニュー糖をすり合わせて、コーンスターチを加えて混ぜ合わせる。

⑵ 香り立たせておいた牛乳を卵黄に加える。牛乳の熱が下がっているようであれば再度温め、60℃程度にしておく。

⑶ アングレーズクリームのように炊き上げる。コーンスターチに火が通っていくと急激に固まりだすので、中火くらいで様子を見ながらとろみがつ程度に火を入れる。

⑷ 炊き上がったクリームをボウルに空け、よく混ぜ合わせてムラのなくなるまで混ぜる。まとまったら、半量をクリームチーズに加えて力強く混ぜ合わせてペースト状に仕上げる。きれいに混ざったら残りの半分を加えて、クレームドゥーブルを加える。きれいに混ざったらラム酒とレモン果汁を加える。

⑸ 卵白に全量のグラニュー糖を加えてメレンゲを泡立てる。

⑹ クリームチーズのミックスとメレンゲを混ぜ合わせる。出来上がった生地を型に流し入れて、湯せんを張った160℃のオーブンに入れて、60分程度で焼き上げる。

あら熱が取れたら型から外す。
温かい状態でも、冷やしても美味しくいただけます。

*生クリームの発酵乳、クレームドゥーブルが手に入らない場合は、カスタードクリーム用の牛乳を低脂肪 (35%程度) 生クリームに置き換え、クリームドゥーブルをヨーグルトに置き換えることも可能です。

写真 2015-07-12 21 18 04

ホワイトチョコレートのレモンカード、アボカド風味

125cc レモンジュース
38g グラニュー糖
150g 卵黄
3g 板ゼラチン
85g ブランコレクション ドミニカンリパブリック(Belcolade)

150g アボカド
125g ヨーグルト

~事前の準備~

熟したアボカドの皮を剥いておく
チョコレートはあらかじめ溶かしておく
s
⑴ 卵黄とグラニュー糖をすり合わせ、沸かしたレモンジュースを2回に分けて加える

⑵ 裏ごしして火にかけて、強火で炊き上げる。
徐々にクリームが重たくなってくるので、鍋底に焦げ付かない様に。ふつふつと煮立ったら火から下ろして、手早くボウルに空ける。

⑶ ふやかしておいたゼラチンを加えてスティックミキサーで全体を整える。
あらかじめ溶かしておいたホワイトチョコレートと混ぜ合わせる。ゴムヘラを使って、ツヤと粘りの出るようにしっかりと混ぜ合わせて、キチンとした乳化状態に仕上げること。

⑷ アボカドを刻み、ヨーグルトと一緒にミキサーにかけてペースト状にする。
そこに⑶を加えて、さらにミキサーでしっかりと混ぜ合わせる。

*ディップ用のソースとしてサーブする場合はゼラチンを入れなくても良い。
*冷蔵庫で一晩結晶化させれば、スプーンを使ってクネル状にしても使える。




スポンサーリンク





こちらの記事も読まれています