写真 2016-07-14 14 20 16

お菓子教室の動画完成しました(ベイクド&レアチーズタルト)

ベイクドチーズタルトとレアチーズ。お菓子づくりの動画完成しました!

スイーツの定番、ベイクドチーズとレアチーズの作り方

18cmサイズのタルト型に、パートシュクレを敷き込み、あらかじめから焼きしておく。
ベイクドチーズを流し入れて、150度のオーブンで25分程度で焼き上げる。粗熱が取れたら型から外して冷蔵庫で冷やしておく。
レアチーズクリームをタルトにこんもりと塗り広げて、季節のフルーツで飾り付ける。

バター、小麦粉、アーモンドパウダーなどの基本的な製菓材料プラス、クリームチーズ、レモン、生クリームを準備していただければ取り組めちゃいます!是非ともおためしくださいね。





スポンサーリンク





IMG_5323

<パートシュクレ>

70g 無塩バター
38g 粉糖
20g 玉子
110g 小麦粉
12g アーモンドパウダー
        塩少々

*バターはあらかじめ柔らかく戻しておく。
*粉類はあらかじめふるっておく。

1) バターと粉糖を擦り合わせる。
2) 玉子は卵液に溶いて、2〜3回に分けて加える。
3) 粉類を加えて混ぜ合わせる。粉っぽさが無くなれば良い。
4) ラップ、ビニール袋等に生地をまとめて、半日以上休ませてから使用する。

IMG_5324

<ベイクドチーズタルト>

260g クリームチーズ
40g グラニュー糖
60g 全卵(M玉1個分)
120g 生クリーム(脂肪分40%以上のもの)
1/2個分 レモン果汁と果皮 (動画サイトではライムを使用)

*クリームチーズはあらかじめ柔らかく戻しておく。
*レモンは表皮をあらかじめおろし金等で削り、果汁は絞り出しておく。

1) クリームチーズを柔らかく戻す。室温にしばらく置いて、ラップ材で軽く押さえてからグラニュー糖を加えて混ぜ合わせる。湯煎、火にかけてポマード状に柔らかくする。この時チーズに熱をつけすぎないように注意すること。

2) 溶きほぐした玉子を加えてチーズをさらに柔らかく伸ばしていく。ボウル周り、ホイッパーの淵にチーズの塊が残ると、次の工程でうまく混ざらなくなるので注意すること(動画を参考に)

3) 液状の生クリームを加える。(高脂肪タイプを使うと、より濃厚な味わいを楽しめる。)
混ぜすぎると生クリームが分離を引き起こすため、生地がまとまる程度で良い。

4) レモン果汁、果皮(果皮は初めにチーズと混ぜ込んでも良い)と、⑶の生地の一部をゴムヘラを使ってなじませる。全体をきちんと混ぜ合わせる。好みに応じてバニラオイルを加える。

IMG_5325

<レアチーズクリーム>

100g クリームチーズ
20g    グラニュー糖
15g サワークリーム
2cc キルシュ
135g 生クリーム(低脂肪タイプ)
60g 生クリーム(高脂肪タイプ)
4g レモン果汁

*低脂肪生クリームはしっかりとホイップする。高脂肪はなめらかなクリーム状にホイップしておく。

1) ベイクドチーズ同様、クリームチーズを柔らかくしておく。
2) サワークリーム、キルシュを加えてなじませる。
3) 低脂肪のホイップクリームを合わせる。一回目、最初に加える生クリームで、チーズを柔らかくのばすイメージで混ぜ合わせる。さらに残りの生クリームを加える。
4) ゴムヘラで高脂肪タイプの生クリームを混ぜる。
5) レモン果汁を加えて、ゴムヘラで手早く混ぜ合わせる。




スポンサーリンク





こちらの記事も読まれています