perruche News

IMG_2576

こども限定お菓子教室 お子さま自身だけでお菓子づくりを体験していただく、子どものためのレッスンです! レッスン終了までの行程全てを子供さん自身の手で取り組んでいただきます。 講習内容:スポンジのデコレーション 包丁は使い […]

IMG_2513

塩レモン。一時の爆発的なブームにも似た盛り上がりは無くとも、瀬戸内レモンがここ2年のうちに脚光を浴びるようになり、再び塩レモンにもスポットが当たるようになってきたようにも見受けられますね。 暑い季節だからこそ、その季節に […]

IMG_2439

レモンの爽やかな酸味や香りは、夏になるといろんなシーンで取り入れたくなりますよね。 透明感のあるゼリーも同様に爽やかで涼しげな印象を与えてくれる視覚的効果があります。 今回紹介するのは、そういった視覚と味覚効果が両立され […]

IMG_2379

カスタードクリームとイタリアンメレンゲを合わせて、ふんわりとしつつも独特の食感が味わえるりんごのシブースト。 お菓子づくりでも上級者向けとも位置付けられるシブーストクリームの製法は、出来上がりの温度の関係でスピーディさが […]

IMG_2338

シブーストクリームは、200年も前に考案された、古典菓子の代表のひとつとしても有名です。 修行時代学んだシブーストは、空焼きしたフィユタージュにクエッチェ、アプリコットなどのフルーツを敷き詰めて、レモンの皮と果汁で風味を […]

IMG_2240

大変長らくお待たせいたしました。 2018年度お菓子教室の開催のお知らせです。 今年は、一般向けの講習はこの1回のみで考えています。 (8月には子どもお菓子教室を別途開催予定です。) 今回のテーマは パウンドケーキ 開催 […]

IMG_2062

気温も高い日が続き、菓子類の持ち運びにも少々ストレスを感じてしまう季節です。遠方になるほど、手土産としては焼き菓子のニーズも高まる季節ではあるわけですが、今回は夏らしい、季節感を大切にしたパウンドケーキが新たに登場です。 […]

IMG_1544

  スポンサーリンク     目的別、デコレーションケーキの要望を決める デコレーションのサイズを決める。 最初に何名でケーキをご入り用になるのかをお決めください。 ホームページ、店頭でご案 […]

IMG_2038

陶器を用いて、季節のケーキを提供することはケーキ屋さんにとってはそのビジュアルから、デザインを彷彿させたり、ポップなもの、和風なものからオリエンタル調のものまで、その幅が多岐に広がりを見せているようにも感じさせてくれます […]

IMG_1962

朝晩の温度変化もまだ大きく、寒かったり暑かったり。4月は何かと食べたいものも少しコロコロ変化するようにも感じますね。 温度変化、寒暖差にもかかわらず、パウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子は楽しみ方もいろいろです。 ペル […]

IMG_1927

しっとりふわふわ。お菓子づくりにおいての決め台詞の一つ。これは製法、レシピに基づく部分で、良質な小麦粉は小麦の等級が高いほど良い。という観点から見られがちです。 しっかりと混ぜ合わせる事、キチンと火を通す事で、焼き菓子も […]

IMG_1847

スポンサーリンク ガレットブルトンヌの作り方 柔らかくしたバターと粉糖を擦り合わせます。バターの油分を糖分で糖衣するため、ツヤが出てくるまでゆっくりと擦り合わせ、バターに糖分をなじませます。この作業ひとつで、焼きあがった […]

IMG_1614

ガレットブルトンショコラ パプアニューギニア産カカオを使用して仕上げる、バレンタインシーズン限定で店頭にお目見えする季節の焼き菓子。レギュラーで提供しているガレットブルトン セルドゥゲランドはブルターニュ地方伝統の厚焼き […]

IMG_1565

アイスクリーム、チョコレート、ムースなどなど。いちごをメインにしたスイーツは実に多種多様、果実としても素材としても頻度の高い日本人が大好きなものではないでしょうか? 今回はいちごのフレーバリングを主体に考え、生チョコレー […]

IMG_1439

2018年、これほどの寒波に見舞われることも珍しいものです。 バレンタインを境に、勝手な印象ではあるのですが春へと季節が進むひとつの節目のように感じるのです。 ハート型という、キュートなビジュアルには愛おしさと、今シーズ […]