20131109-234022.jpg

Mandel stollen

マンデルシュトレン(Mandelstollen): アーモンド(ドイツ語ではマンデル)を20%以上含むシュトレン 。
ドイツ発祥のクリスマスパンのシュトーレン。日本では「シュトーレン」で名が通ってるのでこちらで商品名を採用してます。

20131109-224638.jpg

ブリオッシュ生地と同様の仕込みですが、最初に小麦粉、砂糖、イーストを混ぜ合わせて、牛乳と全卵を入れてさらにミキシング。「中種」を仕込みます。

20131109-225155.jpg
ミキシングを続けて、、、

20131109-225231.jpg

中種の完成^ ^

20131109-225322.jpg

スパイスミックス、バニラシュガー、レモンパウダー、小麦粉で中種を覆い、ラップと濡れタオルを被せて予備発酵。

20131109-225537.jpg

シュトーレンのスパイスミックス。
シナモン、ジンジャーがベースのミックスですが、他にもフェンネル、クローブ、カルダモン、コリアンダー、アニス、メースのパウダーをブレンドした、個性的な香りです(∩❛ڡ❛∩)

20131109-225829.jpg

バターと自家製ローマッセ(マジパンペースト)、ゲランド海塩。

20131109-230020.jpg

グラニュー糖も加えて、バターとローマッセをふんわりとするまで泡だてます。

20131109-230211.jpg

一次発酵が完了。粉を押し上げて、中種が膨らんだ様子がわかります。

20131109-230403.jpg

泡だてたバターに中種を加えてミキシング。本捏ね。

20131109-230520.jpg

20131109-230553.jpg

20131109-230643.jpg
生地に加える、オレンジとレモンピール。いちじくとレーズン。そしてアーモンドとくるみ。

20131109-230940.jpg

20131109-231009.jpg

ナッツとフルーツミックスを加えた後に、ベンチタイムを取り、分割、成型へ。

20131109-231233.jpg

20131109-231327.jpg

棒状に延ばしたローマッセを置いて丸め込み

20131109-231502.jpg

いよいよ本発酵に。しかしながらパンとは違い、二倍以上に膨らむ様な発酵はさせず、みっちりとした質感のまま、フロアタイムを取ります。

20131109-231835.jpg

焼成、焼き上がりヽ(=´▽`=)ノ

20131109-231936.jpg

焼き上がりの熱々のまま、溶かしたバターに投下!
バターの油分を含ませた後、やはり熱々の状態で粉糖をまぶして被覆させます。

20131109-232301.jpg

20131109-232334.jpg

クリスマスアドヴェントの代表格のシュトーレンは、日本に於ける鏡餅の立ち位置で、保存性も問われます。バターの油膜、糖分を被覆させるのは保存性高める効果も。もちろん真っ白な出で立ちは赤ちゃんの「おくるみ」をイメージした、キリスト教徒達の大切なお祝いのお菓子でもあるのです。パンほど発酵させないのも、保存性を高める理由もあります。イースト然りですが、日本では麹が馴染み深いですよね。ケーキに出せない深い味わいや奥深さを与えてくれるイーストのお菓子は熟成が進むに連れてより美味しくなっていきます。

来週末、15日より販売開始予定ですo(^▽^)o
それまで完成品は非公開ということで、、、楽しみにお待ちくださいね

こちらの記事も読まれています