20140117-234710.jpg

ショコラカフェキャラメル

ホールケーキ、5号サイズ(15cm)のみでの販売ですがアントルメショコラカフェキャラメル登場しました!

20140117-233433.jpg

ベースとなるチョコレートのムスリーヌは、コーヒーのフレーバーが付いたブラックチョコレートとフレッシュクリーム、ふんわりと泡立てた卵黄のパータボンブ。

溶かしたチョコレートとフレッシュクリームでガナッシュを作り、パータボンブをふんわりと混ぜ合わせます。

20140117-233902.jpg

フレッシュクリームとキャラメル、卵黄の「クレムブリュレキャラメル」、カカオのビスキュイ、アーモンドプラリネのクリスピーで組み立てます

20140117-234210.jpg

仕上げにはカカオのグレーズ、コーヒーのババロア、マカロンカフェで仕上げて完成。
濃厚な味わい、ショコラ、コーヒー、キャラメル、クリスピーのサクサク食感がたまりませんよ*\(^o^)/*

20140117-234652.jpg

ケイクショコラレザン

20140117-235309.jpg

4種類のレーズン、サルタナ、グリーン、ノワール、ブロンドを、ジャマイカラム、ホワイトラムにそのまま漬け込むこと一月以上。
ドライのサルタナとグリーンレーズンは一度湯通ししてから、セミドライのノワールとブロンドはそのまま。

実際漬け込んだ期間は役2ヶ月で、アルコール分は多少抜けてまろやかになります。
ケーク生地はシンプルに玉子とグラニュー糖、粉類と溶かしバターのみ。漬け込んだレーズンを加えて焼成します。

20140118-000501.jpg

焼成後にラム、アルマニャック、オレンジコニャックを、火にかけた熱いシロップに注ぎ、アルコールをフランベしてケークを浸してアンビベします。
さらにシロップがケークから染み出さない役割も果たすために全体をテンパリングしたブラックチョコレートでコーティングして完成。ココアパウダーを振りかけました。
文章ではかなりアルコールリッチに感じるかもしれませんが、レーズンのふくよかな味わいにラムの香りをチョコレートが優しく包み込む。といった感じでしょうか。レーズン好きにはたまらないでしょうね*\(^o^)/*

こちらの記事も読まれています