20140619-012928-5368484.jpg

初夏のデザート 南仏風、アジアン風。

アマンドラ

20140619-004321-2601862.jpg

2種類のアーモンドクリームとアプリコットを組み合わせた初夏のデザート。

土台部分としてフランス産小麦粉とバター、アーモンドパウダー、卵を入れて焼き上げたサブレはサイコロ状に。

ライスクリスピーと共にホワイトチョコを絡ませて、湿気り防止、コクを加えてカップの底に散らします。

20140619-005245-3165433.jpg

2種類のアーモンドクリーム。
軽いタイプのアーモンドブランマンジェは、シシリー産アーモンドパウダーにアーモンドミルクを加えて温めます。もともとアーモンドミルクにも香りが付いているので、より香りが強いアーモンドクリームに。抽出液はどろりとした濃いリキッド状ですが、アーモンドオイルによるものです。

泡立てたホイップクリームと合わせて、サブレの上に流し入れます。

アーモンドのダックワーズで蓋をして

20140619-010707-4027049.jpg

アプリコットのコンポートは、乱切りした果肉、ピューレを煮上げて、コーンスターチでとろみをつけたもの。

もう一種類のアーモンドのクリームはマジパンローマッセ。アーモンドのペーストをチョコレートと同じようにガナッシュ状にして、ホイップクリームと合わせるスタイルで仕込みます。

皮付きマルコナアーモンドで仕込む風味豊かなアーモンドをそのままクリームにしたので、濃厚さも味わえますよ。

仕上げにはアプリコットカスタードをサンドしたマカロン、アーモンドミルクのパンナコッタなどを添えて、プロヴァンスを意識しました。焼成したサブレとダックワーズには玉子を使いましたが、クリームは香りを楽しんでもらうためにムダは排除して構成しました。

マンゴのトランシュ

20140619-011837-4717452.jpg

別立てのスポンジ生地に、マンゴのピューレと生クリームをたっぷり配合して焼き上げた、鮮やかな黄色いフルーツビスキュイ。

牛乳の代わりにマンゴのピューレで炊き上げたカスタードクリームもマンゴの味わいがぎゅっと濃縮されたリッチな味わい。

スポンジとクリーム。2種類のテクスチャーのマンゴを交互にサンドした”トランシュ”を切り分け、クレープで全体を覆います。

アップルマンゴ、ホイップクリーム、ラズベリーとブルーベリーで飾って完成です。
マンゴ好きのための、マンゴ尽くしのお菓子です。旬のアジアンフルーツをケーキに昇華させてみました。旬をたっぷり楽しんでくださいね。

こちらの記事も読まれています