20140803-004322-2602539.jpg

夏でも食べたい、香りを楽しむスイートな新作です

ハイビスカスとショコラブランのスイートボウル

濃厚な味わいのホワイトチョコレートのムースに、ハイビスカスのアロマを加えたいちごのコンポート、ピスタチオのなめらかなクレムー、アーモンドのパンドジェンヌ。

ハイビスカスといちごのジュレとピーチネクターのジュレ。

さわやかな装いとは裏腹な、しっかりとした味わいが個性的なヴェリーヌに仕上がりましたよ。





スポンサーリンク





20140802-235004-85804442.jpg

いちごのコンポート。

煮崩しながら炊き上げた、糖度は控え目なジャム。レモンジュースを加えてほんのり酸味をプラスします。

炊き上がりに、ハイビスカスのスイートな香りを水蒸気蒸留したアロマオイルを加えて、甘い、スイートな装いに仕上げます。

20140802-235716-86236457.jpg

ドミニカ産カカオミルクのホワイトチョコレートにヨーグルト、牛乳を加えて仕込んだガナッシュ。

フローラルブーケを思わせる、しっかりとしたアロマと味わいが、濃厚な仕上がりとなってます。

20140803-001024-624943.jpg

組み立てです。

ホワイトチョコレートのムースリーヌ、ピスタチオのクレームブリュレ、いちごのコンポートをセットして、アーモンドリッチなソフトスポンジの”パンドジェンヌでフタをします。

ムースリーヌを冷やし固めてから、グラスボウルにセットして

ハイビスカスで香り付けたいちごのジュレ、ピーチネクターのジュレを添えたら完成です。

トップにはこんがりと焼き上げたサブレに、ホワイトチョコレートをコーティングしたサブレクリスプも。

結構しっかりとした味わい、甘い香りを楽しんでもらえる仕上がりですね。

20140803-001943-1183244.jpg

紅茶のシフォン アラモード

20140803-002151-1311891.jpg

ジャルダンブルー。

矢車草とひまわりの花の香りを加えた紅茶を濃く淹れて、シフォンの生地に加えたスイートな香りのシフォンケーキがベースに。

http://www.perruche.jp/3819.html

紅茶とブラックベリーのコンフィチュールでも使用しています。
よろしければ上記リンクもご覧くださいね。

20140803-002813-1693958.jpg

焼き上げたシフォンケーキにはカスタードクリームをたっぷり絞り入れます。

見た目以上のボリューム感!

20140803-003130-1890992.jpg

もうひとつ
かざりに添えたジュレはロイヤルミルクティーの味わい。

ダージリン茶葉をお湯で煮出すこと2分

20140803-003356-2036669.jpg

牛乳を加えてさらに煮込むこと約3分。

吹きこぼれるギリギリで、茶葉を鍋の中でしっかり踊らせます。

これで紅茶の味わいが強く感じられるミルクティージュレの完成です。
もちろん、グラニュー糖、ゼラチンを加えることは必須です。

食欲減退の時期ですが、スイートな香りはシアワセ気分と満足度を高めてくれる効果が期待できます。

香りを楽しむ。
食べることに於いてすごく重要な役割だと思います。

紅茶の香りもそのひとつですね、ぜひお試しくださいませ。




スポンサーリンク





こちらの記事も読まれています