IMG_4663-0.JPG

秋の冷たいデザートは富津金時とキャラメルのお菓子です

satsuma
さつま

さつまいも、地元芦原の富津金時を使用したお菓子の登場です。

ネーミングは「さつまいも」、薩摩からです。

IMG_4662.JPG

お菓子の構成は、酸味を効かせたオレンジソース、蒸し上げた富津金時のペーストのほっこりババロア、黒ごまのスポンジ、そしてベルガモットの香りを加えたパンナコッタです。

IMG_4600.JPG

オレンジジュースと濃縮オレンジペーストを温めて、レモンジュース、コーンスターチを加えて少しとろみをつけたソースを型に流し入れて冷凍して固めます。

IMG_4057.JPG

コクのあるさつまいものアングレーズクリーム。

温めた牛乳と、グラニュー糖をすり合わせた卵黄、バニラを合わせてとろみがつくまで火にかけて煮上げたクリームと、蒸し上げたさつまいもを混ぜ合わせて裏ごしして、なめらかなクリームに仕上げます。

泡立てたホイップクリームとていねいに混ぜ合わせていきます。

IMG_4058.JPG

クリーミーな仕上がりのさつまいもクリームをカップに絞り出して、冷凍状態のオレンジソースを沈めます。

IMG_4060.JPG

黒ごまのスポンジは、マジパンローマッセ、黒ごまのペーストを合わせて卵黄を加えてなめらかにのばして、泡立てたメレンゲと混ぜ合わせた後に溶かしたバターを加えて焼き上げた、柔らかなスポンジ生地。

小麦粉不使用なので、やわらかくしっとりした食感が楽しめますよ。

IMG_4596.JPG

飾りに添える富津金時は輪切りにして水にさらした後、オレンジジュースで串がスッと入る程度まで茹で上げます。

オレンジのほのかな酸味が加わったさつまいもは、どこかしらフルーティな味わいです。このお菓子の、オレンジとさつまいもの組み合わせを直に感じていただける、重要な役割かもしれません。

パンナコッタをさつまいもクリームの全体に流しかけて、「グラサージュ」の役割、またはミルキーなソース。としての役割も果たします。

ベルガモットの香りが漂う、甘ったるい印象とは一味違ったパンナコッタも美味しさの土台部分として欠かせません。

さつまいもがこんなにクリーミーでジューシーに。

新たなさつまいもの美味しさを感じてみてくださいね。

キャラメルミルクプリン

IMG_4515.JPG

ほんのりと焦がしたキャラメルに

ジャージーミルクとあじわい豊かな北海道フレッシュクリームをたっぷり注いで仕込んだミルクプリンです

とろりとしたソースは3種類。

ストロベリー
アーモンドミルク
チョコレート

IMG_4623.JPG

グラニュー糖をべっこう飴の色合いに焦がして、ジャージー牛乳を注ぎ入れます。
その後、フレッシュクリームとバニラビーンズを加えて、香り豊かに炊き上げます。

IMG_4626.JPG

お酒は少量ですが、二種類を加えてます。

左手がクルミのリキュールオードヴィ。

キャラメルの風合いに輪郭と奥行きを加えてくれます。

右手のお酒はミルクリキュール。

ミルク感を強調してくれますが、しつこいミルク感はなくて、ほんのりとしたキャラメルのニュアンスを感じさせてくれます。

リキュール類は炊き上げたキャラメルミルクが熱いうちに加えて、アルコール分は飛ばしてしまうのでお酒が強い。といった印象はありませんのでご安心くださいね。

ソースはお好みのものをチョイス。

小さなカップに別添えされたソースボトルを取り出していただき、

ひとくち目はキャラメルのほのかな風味とミルクの味わいを、

そのあとでソースを流し入れて召し上がってみてください。

お好みで選んだソースはキャラメルミルクと混ざり合い、新しい味わいの扉を開いてくれますよ!

カスタマイズできる秋向けの冷たいデザート、是非ともお試しくださいませ 。

こちらの記事も読まれています