IMG_6409.JPG

フレンチレアチーズ、八角のアロマの新作ケーキの登場です。

冬の寒い時期になると、特にスパイスや、ハーブなどといった香りの加わったお菓子が美味しく感じられると思います。

バナナとアーモンドの新作ケーキのご紹介です。

先ずは

バナナのバヴァロアを仕込みます

IMG_6403.JPG

卵黄と牛乳で炊き上げたクレムアングレーズとバナナピューレを混ぜ合わせます。

IMG_6405.JPG

八角。スターアニスのパウダー。
独特のオリエンタルな香りをバナナのアングレーズベースに加えます。

IMG_6407.JPG

パウダー状のスターアニスを加えることで、少量でもしっかりとその香りが表現できます。
甘ったるく感じてしまいがちなバナナの強い味わいに香りの輪郭を付けてあげることで独特な味わいが生まれます。

IMG_6404.JPG

プラリネアーモンドの軽いクレムー。
アーモンドのプラリネと牛乳でガナッシュを仕込み、泡立てたホイップクリームでふんわりと仕上げます。

IMG_6402.JPG

アーモンドのプラリネは自家製で。
少し粒が残る程度に粗く挽いた質感です。

IMG_6406.JPG

土台に敷き込むビスキュイパンドジェンヌ。

ホワイトチョコレート、プラリネアーモンド、サブレクリスピーをブレンドしたクリスピーにはほんのりとシナモンの香りを忍ばせてあります。

IMG_6408.JPG

アーモンドのソフトなパウンド生地、パンドジェンヌにはバターの代わりにフレッシュクリームを加えてソフトに焼き上げます。

スターアニスの欠片と温めたフレッシュクリームを加えて、パンドジェンヌにもほんのりとしたスターアニスの香りをプラス。

IMG_6401-0.JPG

バナナのバヴァロア、プラリネアーモンドの軽いクレムー、キャラメル風味のパウンド生地、ビスキュイパンドジェンヌ。の順に組み上げ、冷やし固めて表面にブラックチョコレートのスプレーを吹き付け、プラリネアーモンドのグレーズ、チョコレートディスクなどで飾り付ければ完成です!

IMG_6409.JPG

バナーヌアマンデ

個性的な香りのケーキ。見た目のビジュアル以上に軽く仕上がった特別なケーキですが、バナナを主役に複数のスパイスとの味わいの妙味を味わってみてくださいね。

IMG_6410.JPG

フレンチレアチーズ

レアチーズ。「rare」イコール、生。チーズを加熱せずに仕込むチーズクリームをたっぷりと味わっていただくお菓子です。

IMG_6411.JPG

フードプロセッサーを用いて、オーストラリア産クリームチーズとサワークリーム、粉糖をなめらかな状態になるまでしっかりと攪拌します。

この時にチーズを加熱する工程は一切無く、チーズの味わいがそのまま残った状態で混ぜ合わせていくので本来の味わいが楽しめます。

IMG_6414.JPG

やわらかな状態にしたクリームチーズのミックスと、ゆるめに泡立てた低脂肪ホイップクリームをザックリと混ぜ合わせます。

IMG_6412.JPG

高脂肪のホイップクリームを加えていきます。

このレアチーズの特徴として、ゼラチンなどの凝固剤を一切加えないこと。

チーズ、生クリームの脂肪分で冷やし固める、口溶けの良さがバツグンのレアチーズなのです。

IMG_6413.JPG

レモンジュースを混ぜ合わせながらレアチーズを完成させます。

最後はゴムヘラで、脂肪分が分離しないようにていねいに全体を混ぜ合わせれば出来上りです。

IMG_6416.JPG

土台に敷き込む、ベイクドチーズ。

レアチーズ同様の材料を混ぜ合わせ、卵黄とメレンゲを加えれば完成。

高温のオーブンで焼きあげ、レアチーズにセットします。

IMG_6417.JPG

底にはこんがりと焼き上げたサブレ、レモンジュースと玉子を炊き上げた
「レモンカード」を塗り広げ、ザクザク食感、酸味のアクセントを一緒に楽しんでいただけますよ。

image

表面にはゆるく泡立てたホイップクリームを波状に模様付け、いちご、ラズベリー、ブルーベリーのベリー類でシンプルに飾り付けて完成です!

冬期ならでは、リッチな味わいにきっとご満足板田行けることと思います。

こちらの記事も読まれています