IMG_6450.JPG

クリスマスの訪れとともにスノーマンがやってきました!

IMG_6457.JPG

ヴァレンシア

オレンジ、ヘーゼルナッツ、キャラメルを組み合わせたプティガトーです。

先ずはムースショコラブラン オランジュの仕込み。

IMG_6441.JPG

沸かしたフレッシュオレンジジュースと卵黄を合わせて加熱して、オレンジ風味の「パータボンブ」を泡立てます。

IMG_6442.JPG

オレンジコニャック、溶かしたホワイトチョコレート、ホイップクリームをふんわりと混ぜ合わせていきます。

IMG_6443.JPG

ホイッパーで大きく混ぜ合わせて、ムースショコラブランを完成させます。

お菓子のトップにセットします。

IMG_6458.JPG

オレンジジュースとパッションフルーツ、卵黄を合わせてオレンジ風味のカスタードクリームを炊き上げます。

ここでもオレンジコニャックを加えますが、アルコール分を飛ばすために、炊き上がったクリームに直ぐに加えてしまいます。

IMG_6459.JPG

ビスキュイダックワーズノワゼット

泡立てたメレンゲと、予めローストしておいた皮付きヘーゼルナッツパウダーとアーモンドパウダー、削ったオレンジ表皮、荒刻みにしたヘーゼルナッツグリエを合わせて焼き上げます。

IMG_6383.JPG

キャラメルブールサレ。

フランス語で塩バターキャラメル。を意味します。

ここではしっかりとグラニュー糖を焦がして、キャラメルのハードな風味を引き出します。

IMG_6384.JPG

生クリーム、ゼラチンを加えた状態です。

つややかなテクスチャー、しっかりとした色合いのキャラメルの完成です。

IMG_6462.JPG

冷ましたキャラメルに加塩バターを加えて、乳化させます。

この作業を進めて、クリーミーでなめらかな口どけの良いキャラメルに仕上げます。

IMG_6461.JPG

オレンジカスタードクリームの上に、焼き上げたビスキュイダックワーズノワゼットでフタをしてキャラメルブールサレを流し入れます。

平らに延ばして、アーモンドとカカオの風味豊かな ビスキュイサッシェ でフタをして冷やし固めます。

IMG_6450.JPG

ホワイトチョコレートのグレーズ、ホワイトチョコレートのブラウニーや金柑などでデコールすれば完成です。

IMG_6451.JPG

ジェントルスノーマン

シルクハットを被ったジェントルマン!

クリスマスといえばスノーマンですよね。
愛らしいフォルムに仕上げたスノーマンはレアチーズがベースのケーキです。

IMG_6445.JPG

デンマーク産のマイルドな乳味のクリームチーズ、生クリームの発酵乳、クレームドゥーブル、フロマージュブランの爽やかな酸味の組み合わせのレアチーズ。

IMG_6444.JPG

やわらかく戻したデンマーククリームチーズとフロマージュブラン。

塩味は穏やかな味わいに、フロマージュブランのしっかりとした酸味のアクセント、フレッシュチーズのさわやかさを演出します。

IMG_6463.JPG

卵白を泡立てて熱したシロップを注ぎ、イタリアンメレンゲを泡立てます。

IMG_6454.JPG

クレームドゥーブルと一緒に泡立てたフレッシュクリーム、二種類のチーズミックス、ふんわりと泡立てたイタリアンメレンゲを混ぜ合わせていきます。

IMG_6455.JPG

重たくなりがちなチーズケーキにメレンゲを加えて、軽やかな食感に仕上がります。

ふんわりなめらかな仕上がりに。

IMG_6453.JPG

型に絞り出して、ラズベリーシロップに浸したビスキュイキュイエールを二枚。

真ん中と底部分にセットして冷やし固めます。

IMG_6381.JPG

ペルー産トリニタリオ種ブラックチョコレート、ラズベリーピューレ、フレッシュクリームを混ぜ合わせて仕込むムースショコラはフルーティな味わい。

これがスノーマンの帽子部分に。

カカオのグレーズでつややかに仕上げ、ツバの部分はテンパリングしたブラックチョコレートで仕上げてあります。

カワイイだけでなく、しっかりとした味わいを重視した構成です!

もちろんクリスマスシーズン限定でのお届けですので、要チェックですよ。

こちらの記事も読まれています