写真 2015-01-07 13 08 07

人気のホールケーキ、ストロベリーチーズベイクが今年も登場です

クレメダンジュ

写真 2015-01-06 20 44 46 (1)

フレッシュチーズのフロマージュブランがベースのレアチーズ。

ビスキュイキュイエールにラズベリーシロップをしみ込ませて組み立てたさわやかな酸味が特徴のふんわりとしたレアチーズ。

仕上げには赤いフルーツ、いちご、ラズベリー、レッドカーラント。
真っ白なチーズのクリーム、ベリーの赤い色合いがビジュアルからもさわやかさを連想させてくれます。

写真 2015-01-06 20 47 10

マカロン エキストラビター

冬期限定、カカオ分80%のビターチョコレートで仕込んだガナッシュをサンドしたマカロン。

写真 2015-01-04 11 27 12

絞り出したマカロンショコラのコックに、ロースとして砕いたカカオビーンを散らして焼き上げます。

カカオの苦みと酸味が一緒に楽しめますよ。

写真 2015-01-06 20 45 17

赤い果実のロールケーキ

別立てのロール生地に温めたラズベリーのピューレをたっぷり混ぜ込んで焼き上げたフルーティなあじわい。

写真 2015-01-08 18 18 42

スライスしたいちごとホイップクリーム、カスタードクリームを絞り出してロールし、いちご、ブルーベリー、ラズベリー、金柑で飾り付けました。

スポンジも赤い色合いをまとい、ビジュアルもかわいいロールケーキはペルシュの冬の定番、人気のロールケーキですよ。

写真 2015-01-02 21 51 27

梵と塩麹のマリアージュショコラ

ガトードゥショコラコスタリカをベースに組み立てたアレンジメニュー。

写真 2015-01-02 16 58 42

焼き上げたビスキュイショコラコスタリカに、梵『吉平』とシロップを混ぜ合わ、アンビベします。

写真 2015-01-02 16 48 24

ガナッシュショコラコスタリカはミルクチョコレートベースのミルキーな味わいに。

ガナッシュのミキシングの際に、自家製で熟成させた塩麹をブレンドします。

麹のまろみ、ほんのりとしたやさしい塩味、そして日本酒が持つ麹の香りと味わいが見事に融合したペルシュオリジナルの『和』の食材を見事に組み合わせた創作ガトーショコラです。

写真 2015-01-06 20 47 00

愛媛いよかんのコンフィチュール

1月頃に旬を迎える伊予柑を惜しげなくたっぷりと用いた季節のコンフィチュールです。

写真 2015-01-04 13 49 40

皮を剥き、果肉と果汁、そして皮の白いワタを取り除いて千切りにして湯でこぼした果皮をじっくりと煮詰めて炊き上げたシンプルなコンフィチュール。

伊予柑特有の酸味とさわやかな柑橘の味わいをギュッと閉じ込めました。

ストロベリーチーズベイク

デンマーク産のクリームチーズを柔らかく戻して

写真 2015-01-06 12 30 12

玉子を加えて混ぜ合わせます。

一緒にふるった小麦粉と浮き粉を加えて

熱く溶かしたバターを加えて乳化させます。

写真 2015-01-06 12 32 32

最後に冷たい牛乳を加えて

写真 2015-01-06 12 33 25

写真 2015-01-06 12 45 37

シフォンケーキの型に敷き込み空焼きしたクリームチーズを加えて仕込んだサブレフロマージュ。

出来上がったチーズクリームを流し入れて、まるごとのいちごを沈めてオーブンで50分ほどかけてじっくり焼成します。

写真 2015-01-06 14 08 41

焼き上がり。こんがりとした色合いです。

写真 2015-01-07 9 57 45

冷やしてから型から外し、側面にいちごジャムを塗り、ローストしたアーモンドを貼り付けます。

底の部分、サブレフロマージュの面を上にしてカスタードクリームを絞り出して小粒のいちごをぎっしりと並べれば完成です!

写真 2015-01-07 13 08 07

焼き込むことで生まれるいちごの味わい、シンプルな配合ながらコクのあるベイクドチーズの旨み。

ホールケーキのみでの提供ですが、是非ともご入用くださいませ。

こちらの記事も読まれています

Copyright © perruche. All Right Reserved.