写真 2015-01-10 13 37 33

バレンタインデー、簡単手づくりのフォンダンショコラを動画で詳しく解説します!

バレンタインデー向けに、家庭でもつくれるフォンダンショコラのつくり方を解りやすく動画と共に解説してまとめました。

レシピ

188g ブラックチョコレート(パプアニューギニア産カカオのもの)
188g 発酵バター

135g グラニュー糖
150g 全卵 (Mサイズ3個分)

5g 薄力粉

~下準備~

*バターとチョコレートを一緒に溶かしておく (45℃以上)

*玉子を溶きほぐしてグラニュー糖を擦り合わせて40℃程度に温める

*薄力粉はふるっておく

好みの型 (耐熱性のもの) にバター(分量外)を塗って、砂糖をまぶして付着させる。
なお、動画のハート型は4号サイズ、12cmのものを使用。

~製法~

擦り合わせた玉子に、チョコレートとバターのミックスを1/3量加えてしっかりと混ぜ合わせる。

ツヤと粘りが出てくるポイント (乳化) があるので、乳化作用が起きるまでは少量づつチョコレートミックスを加えてその都度混ぜ合わせる。

玉子とチョコレートが混ざりきったら薄力粉を加えて混ぜ合わせる。
(粉気が消えればOK)

型の9分目まで出来上がった生地を流し入れて、160〜170℃のオーブンで湯煎焼きする。

型の大きさにより焼成時間は異なる。

4号サイズ、12cmのもので60分くらいを目安に。

焼きあがったら湯煎から外し、5分〜10分くらい置いて粗熱を取り型から外す。

温かいままお召し上がりいただければとろけるような食感が楽しめます。

冷やして無糖のホイップクリームや、いちごやベリー類の甘酸っぱいフルーツ、粗塩やピンクペッパーなどを添えてお召し上がり頂くと違った味わいが楽しめます。

グラニュー糖の代わりにキビ砂糖、カソナード、お好みの砂糖は何でも取り入れられます。

チョコレートはぜひスモーキーなパプアニューギニア産カカオのチョコレートを。

ぜひともトライしてみてくださいね♪

こちらの記事も読まれています