写真 2015-02-20 20 56 56

春のスイーツコレクション。さくら、いちご、柑橘でどうぞ

春の訪れを感じる和の薫り、さくらスイーツたち

さくら さくら

写真 2015-02-21 16 57 35

ほんのりさくらが薫るクリーミーなムースに小豆を忍ばせて、求肥、さくらゼリーで仕上げた春の訪れを感じさせる一品です。

そして
マカロンにもさくらが登場です!

写真 2015-02-20 20 56 56

クリーミーなホワイトチョコレートのガナッシュにさくらの薫り、そしてほんのりとした塩味が砕いた大納言鹿の子と相性バツグンですよ。

さくらさくらについてはこちらからもどうぞ”

そしてそして、
ベイクドドーナッツにもさくらが登場です。

ドーナツさくら

こめ粉のふんわりとした、軽やかな食感の生地にさくらの花びらのペーストを練り込み、焼き上げたドーナッツにはフリーズドライさくらパウダーとグラニュー糖をブレンドしたシュガーグレーズを全体にまぶせば出来上がりです。

ほのかに香る、春の味わいを季節限定でお届けします。

季節のフルーツで旬を味わう





スポンサーリンク





いちごミルクプリン

写真 2015-02-15 19 22 14

牛乳とホワイトチョコレートのガナッシュを仕込んでいきますが

写真 2015-02-15 19 20 53

一工夫くわえてミルキーな味わいに仕上げていきます。乳の香りを少しやわらげるために加えるのがスターアニス。

少量を牛乳と一緒に加熱して、後味のキレを付ける目的に使用します。

味わいに直接影響するものではありませんが、キレ味が格段に上がりますよ。

写真 2015-02-15 19 25 36

出来上がったホワイトチョコレートのガナッシュに加えるのは、いちごの濃縮果汁。

ピューレを加えると、どうしてもフルーツの持つ「酸」と、乳脂肪の相性が悪く、ざらついた食感に陥りがちになるためです。

そのためにも濃縮果汁を加えることで、フレーバリングするための添加量を抑えることも出来、クリーミーな食感が生み出せるのです。

写真 2015-02-15 19 30 45

生クリーム、ゼラチンを加えて仕上がったいちごミルクプリンはさながらホワイトチョコレートのパンナコッタの食感。

あらかじめ流しておいたいちごのソースの上にそっと流し入れて、冷やし固めれば完成です。
写真 2015-02-17 20 59 41

やさしい味わいのミルクプリンと、いちごのソースをボトルの中でかき混ぜてお召し上がりくださいね。

いちごとバルサミコビネガーのコンフィチュール

写真 2015-02-17 20 49 52

酸味がはっきりとしたさちのかいちご、グラニュー糖、そしてバルサミコビネガーを加えて一緒に炊き上げたお料理にも使えるジャムの完成です。

写真 2015-02-17 20 50 30

8年熟成のマイルドな葡萄酢はいちごに味わいの深み、甘みの奥行きを与えてくれます。
オススメのお召し上がり方は、お肉料理のソースとして、ドレッシングとして。

福井市のフレンチレストラン、il va bien さんに製作を依頼した、本格フレンチレシピを動画にて公開しております。

よろしければご覧くださいね♪
写真 2015-02-07 17 41 56

ケイクショコラフランボワーズ

チョコレートをたっぷり練りこんだケイクショコラには自家製ラズベリーコンフィを加えて。
ドーム型に絞り出して一旦冷やし固めます。

写真 2015-02-21 16 47 37

アーモンドリッチなケイクバニーユを仕込んで型に流し入れて、ケイクショコラを3個沈めて焼成。

焼き上がりのケイクにテンパリングしたホワイトチョコレートを表面にコーティングすれば完成です。

甘酸っぱいラズベリー、バランスよく配合されたバニラとショコラの味わいの妙がクセになる味わいですよ。

甘夏とノワゼットのタルトショコラ

写真 2015-02-21 20 36 44

ヘーゼルナッツプラリネを加えたタルトショコラノワゼット。
ヘーゼルナッツパウダー、カカオパウダーをふんだんに、荒刻みしたヘーゼルナッツ入りです。

甘夏みかんは焼成途中でオーブンから取り出して手早く並べて焼き込み、凝縮した味わいに仕上げました。

柑橘のほのかな酸味とチョコレートの味わい。
土台のサブレショコラにもヘーゼルナッツパウダーを配合してナッティな味わいも存分に堪能できます。





スポンサーリンク





こちらの記事も読まれています