写真 2015-10-16 19 58 57

話題のアーモンドミルクで新作スイーツ完成しました!

l’amande or
ラマンドール

写真 2015-10-16 20 50 30

ブロンドチョコレートのなめらかなクリーム、マルコナアーモンド、アーモンドミルクソースを組み合わせて仕上げた、秋らしいナッティな味わいのケーキです。

写真 2015-10-14 16 44 23

アーモンドミルク、スターアニスを一緒に火にかけ、ラップをして香りを抽出します。

写真 2015-10-14 16 44 53

アーモンドの抽出液から作ったアーモンドミルクピューレと合わせて、(飲料のアーモンドミルクよりもより濃度が高く、きび砂糖で甘みをつけてある)

写真 2015-10-14 17 01 52

型に流し入れて冷凍させます。解凍するとアーモンドミルクソースとなって、フォークを入れるとリキッド状になって出てくる仕掛けです。

生クリームとマジパンローマッセで仕込む、マルコナアーモンドのクレムー。

写真 2015-10-15 15 08 11

フレッシュクリームを温めてバニラの香りを抽出したら戻したゼラチンに注ぎ入れて溶かし

写真 2015-10-15 15 10 09

自家製で仕込んだマルコナアーモンドのマジパンローマッセに少量づつ注ぎ入れながら少しづつペースト状のローマッセをなめらかな状態に仕上げたら

写真 2015-10-15 15 16 08

溶かしておいたカカオバターと混ぜ合わせます。カカオバターの質感はチョコレートケーキに似た口どけを与え、ゼラチン単体よりもクリーミーな食感に仕上がります。





スポンサーリンク





写真 2015-10-15 15 31 21

冷やし固めたらホイップクリームとふんわりと混ぜ合わせます。

写真 2015-10-15 15 36 01

型に絞り出して冷凍しておいたアーモンドミルクソースを沈み込みます

ブロンドチョコレートのなめらかショコラ

写真 2015-10-15 14 45 20

タヒチバニラを抽出した牛乳を裏ごししたら、溶かしておいたブロンドチョコレートに少しづつ加えていき乳化状態に仕上げていきます

写真 2015-10-15 14 48 03

写真 2015-10-15 14 50 27

ツヤと粘りのある乳化状態に仕上げたら冷たい液状のフレッシュクリームを加えて一晩冷蔵庫で休ませ、カカオバターの結晶化をゆっくりと促進します。同時に余分な空気が抜けていくので、よりなめらかな口どけのチョコレートクリームに仕上がります

写真 2015-10-15 18 01 31

電子レンジで緩めたなめらかショコラを絞り出して、テンパリングしたブラックチョコレートをコーティングしたサブレクランブルを散らし、ビスキュイショコラでフタをして冷やし固めます。

写真 2015-10-16 11 53 29

牛乳とバニラを加えて温め、ホワイトチョコレートと合わせてガナッシュに仕上げ、ナパージュヌートルと混ぜ合わせたグラサージュショコラ

写真 2015-10-16 16 38 09

アーモンドプラリネとフレッシュクリームを合わせて乳化状態に仕上げて、同様にナパージュヌートルと混ぜ合わせたグラサージュプラリネアマンド。冷やし固めたムースに上掛けして仕上げます。

写真 2015-10-16 20 07 10

断面図

写真 2015-10-16 20 06 44

切り分けると液状のアーモンドソースが溢れ出します。
リッチに感じる味わいにソースが加わることでさっぱりと感じることができることができます。

ほのかなキャラメルの風味を感じられるブロンドチョコレート、バニラの豊かな風味をアクセントに据えてビターアーモンドの味わいを心ゆくまでお楽しみくださいね

写真 2015-10-14 20 09 56

ベイクドドーナッツ アップルシナモン

セイロン産シナモンシュガーをまぶして仕上げた季節限定のベイクドドーナッツの登場です

写真 2015-10-12 17 24 39

シナモンとのペアリングといえばやっぱりりんご。ということで、セミドライのりんごを生地に練りこみます。生地にもセイロンシナモンを練り込んだ、シナモン好きにはもちろんですが、シナモンがちょっと苦手だ。という方にもぜひお試しいただきたい。それぐらいシナモンの味わいの風味高さを感じていただける仕上がりです!晩秋、11月下旬までの販売予定ですのでぜひお試しくださいませ。





スポンサーリンク





こちらの記事も読まれています