20131229-085222.jpg

新作ケーキが目白押しです‼︎

20131228-232813.jpg

いちごと紅茶のショート

そもそもペルシュのスポンジが何故こんなに柔らかくふんわりしているかというと

玉子が多く、バターが少ない。

シンプルな理由ですが、これが結構難しい。

玉子はゆっくり時間をかけて泡だて、小麦粉を加えてから「切るように」ではなく、「しっかり」混ぜ合わせる。

バターは風味付けみたいなもの。

焼成にも気を使います。

そんな、基本のスポンジに、ダージリンティのペーストと潰した紅茶葉を加えて焼き上げた紅茶風味のスポンジに、ロイヤルミルクティーをイメージして配合した紅茶のホイップクリーム、スライスいちごをサンドしたショートケーキです。

20131228-234542.jpg

ヴァレンシア

オレンジ風味のホワイトチョコレートのパータボンブベースのムース。

オレンジのカスタードクリーム。

アーモンドとヘーゼルナッツのビスキュイダクワ。刻んだヘーゼルナッツを加えて焼き上げてます。

キャラメルサレ。「サレ」は甘く無い、塩味という意味で、キャラメルクリームに海塩、バターを加えたほろ苦く、なめらかでリッチなクリーム。

土台はビスキュイサッシェ。アーモンドローマジパンとたっぷり玉子、ココアパウダーと溶かしたバターとカカオマスを加えて焼き上げたリッチなスポンジです。

オレンジ、キャラメル、ホワイトチョコレートのミルキーさとしっかりとした二種類のビスキュイという土台がこのお菓子を味わい豊かに構成しています。

ティラミスパリジャン

20131228-235929.jpg

土台にビスキュイショコラを敷き、ミルクチョコレートと温めたマスカルポーネのガナッシュ。通常フレッシュクリームとチョコレートでガナッシュを作りますが、マスカルポーネで仕込んだガナッシュは少しねっとりとした口溶けでより濃厚な風味です。

ビスキュイにはエスプレッソパウダーを加えて焼き上げたアーモンドのソフトスポンジ。ビスキュイそのものにコーヒーの風味付けを行いましたが、もちろんドリップコーヒーでつくったシロップも塗っています。

マスカルポーネのムースにはメレンゲも加わり、少し軽めなクリームに。
全体像はティラミスなのですが、ガナッシュやリッチテイストなビスキュイを組み合わせる事でおしゃれ感満載の味わいに仕上がりました。

20131229-085202.jpg

こちらの記事も読まれています