20140410-155454.jpg

ウィーン伝統菓子[カルディナールシュニッテン]。パイの香ばしさがたまらない[いちごの生パイ]

いちごと紅茶のカルディナール

20140410-150449.jpg

カルディナールシュニッテンはウィーンの代表的な銘菓。[カルディナル]は、ローマカトリックの教皇に次ぐ聖職者で、司教の最高位である枢機卿を意味する。[シュニッテン]は、ほどよい大きさに切り分けた菓子のこと。また、メレンゲの[白]と、ジェノワーズの[黄色]の組み合わせはカトリック教徒の旗の色と同じである。

本場ウィーンでは泡立てたコーヒー風味のクリームを挟むのが一般的ですが、今回はフレッシュなプティガトーとして仕上げました。

20140410-151629.jpg

カルディナールの象徴、ビスキュイの構成。
グラニュー糖と泡立てたふんわりのメレンゲ。両サイド、中央に二段重ねに絞り出します。メレンゲの「壁」の中には卵黄と全卵を泡立てたジェノワーズ(スポンジ)生地。少量の小麦粉を加えた、軽い口あたり。

絞り終えた生地に、粉糖を振りかけてオーブンで50分程かけてじっくり焼成します。

20140410-152244.jpg

紅茶はダージリンティをセレクト。
クレームシャンティ(ホイップクリーム)と混ぜ合わせたクリームを絞り出し、半割りしたいちごを並べて、カスタードクリームといちごのジャムを絞ります。

20140410-152805.jpg

いちごのジャムは自家製。
すっきりとした、キレのいい味わいのローズマリーはちみつを加えて炊き上げたオリジナルレシピ。このジャムを加えることによって、いちごの風味と味わいを補強する大切な「ソース」の役割を果たしてくれます。

20140410-154320.jpg

切り分けた断面。
カルディナルのポイント、ビスキュイの色合いもきれいですね。

このお菓子、湿気にはめっぽう弱いので、湿度が低い時期のみの販売となってしまいます。。。是非ともお早めにチェックしてみてください!

20140410-154605.jpg

いちごの生パイ

20140410-154729.jpg

フィユタージュ(パイ生地)を敷き込んだ上に、アーモンドクリーム、前述のいちごのジャムを絞り入れた土台。

朝一のオーブンでじっくり、しっかり焼き込んだパイタルト。

カスタードクリーム、旬ですね、いちごを並べて、ホイップクリームをたっぷり絞り、さらにホイップクリームの中にいちごのジャムを再び注入。

20140410-155205.jpg

あとは砕いてクラム状に崩したパイをホイップクリームの上にまぶして、粉糖を振りかけて完成です。

こちらの商品もいちごの時期と湿度が低い時期。「旬」を選んでの販売となってます。こちらもぜひともお早めにどうぞよろしくお願いします!

こちらの記事も読まれています