写真 2016-05-14 17 07 18

イベント限定スイーツまとめ:チルチンびとマーケット福井

パヴロヴァは1920年代にロシアのバレエダンサーのアンナ・パヴロヴァロさんがニュージーランドとオーストラリアにバレエのツアーに来た時に彼女の名前、アンナ・パヴロヴァに、ちなんで作られたものと言われています。

メレンゲ、ホイップクリーム、フルーツを盛り付ける。というのが大まかなところですが、近年ではフランス、パリでも流行の兆しを見せているようで、ムラング(メレンゲ)、シャンティ(ホイップクリーム)それぞれに味わい深さを持たせた、パティスリーならではの仕上がりでお届けいたします!
華やかさ、間違いのない味わい深さを合わせてお楽しみくださいね。

スポンサーリンク

メレンゲとシャンティのシンプルなスイーツ、パヴロヴァ

パヴロヴァ ローズ&ラズベリー

写真 2016-05-24 21 54 39

ラズベリーメレンゲの仕込み

IMG_3390

メレンゲの泡立ては、卵白とグラニュー糖を合わせて湯煎にかけて、50度まで温めます。

IMG_3398

ミキサーにかけながら、泡立てていきます。

IMG_3385

糖分も高く、加熱することで卵白にもチカラが加わり、ツヤのある泡立ちです。画像のようなしっかりとしたボリュームに仕上がってきたら

IMG_3387

フリーズドライのラズベリーと、粉糖を合わせてふるっておいたものをメレンゲに加えて混ぜ合わせます。

IMG_3392

出来上がったメレンゲを絞り出していきます。
100°Cに設定したオーブンにメレンゲを入れて、2時間程度かけてしっかりと乾燥焼きさせます。

IMG_3377

サンド用ホイップクリームは、バラの花びらのコンフィチュール(ジャム)を混ぜ合わせます。
生クリームは高脂肪タイプ。今回は甘みと乳味のはっきりとした九州産のものをセレクトしています。

飾りにはラズベリーとブルーベリーを。
華やぐ香りを満喫していただければ。と思います。

パヴロヴァ キャラメル

写真 2016-05-24 21 49 01

メレンゲは、ラズベリーと同様にして作ります。フリーズドライのパウダーの代わりに、バレンシア種のアーモンドパウダーを混ぜ合わせます。

IMG_3726

キャラメル風味のシャンティ(ホイップクリーム)を絞り出して、バナナスライスを忍ばせます。
しっかりとしたキャラメルのテイストと、低温で焼き込んだムラングの香ばしさが、想像よりも断然心地の良い甘みとなって口の中で溶けていきますよ。

フレーバーオイルを活用したオリジナルシフォンケーキ

レモンとバーベナオイル

IMG_3267

白ワタを取り除いたレモンの果皮。

IMG_3285

IMG_3284

乾燥させたバーベナ、絞ったレモン果汁を加え、ウォッカ(アルコール度数の高いお酒)を加えて一晩室温で漬け込みます。

IMG_3353

翌日、漬け込んだレモンのボウルにひまわりオイルを注ぎ入れて

IMG_3383

小一時間ほど湯煎にかけて、アルコール分を蒸発させます。

IMG_3773

レモンオイルを用いたシフォンケーキの製法は基本に忠実に、泡立てた卵黄にオイルを加えて

IMG_3764

水を加えて。シフォンケーキのやわらかくしっとりとした食感は、水を加える事であり、これが最大の魅力でもあるわけです。

IMG_3760

レモンピールも加えて合わせます。

IMG_3763

ふんわりと泡立てたメレンゲと合わせてシフォン型に流し入れて焼成します。

写真 2016-05-25 12 12 04

レモンバーベナのシフォンケーキ

すっきりとした酸味、香りが楽しめるシフォン。シャンティなどのクリームはあえて付けず、しっとりふわふを存分にお楽しみくださいね。

2aca9a66-4ef7-4f5a-a127-743ca73c6372

今回紹介したアイテムは全て、5月29日開催のチルチンびとマーケットにて限定提供するものばかりです。

イベントの詳細についてはこちらから御覧くださいね

ペルシュチャンネルでもフレーバーオイルの作り方を紹介しています。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています