IMG_6591-0.JPG

ショコラ、チーズでいちごを楽しむお菓子たち

ルージュ&ノワール

赤い果実とブラックチョコレートを組み合わせた、ベリーの甘酸っぱい酸味とビターチョコレートを組み合わせたベリーのチョコレートケーキです。

グリオットチェリーと赤ワインのフルーツクリーム。

IMG_6566.JPG

グリオットピューレ、赤ワイン、バニラビーン、グラニュー糖を合わせて火にかけて沸騰させます。

赤ワインのアルコール分を飛ばしつつ、バニラの香りを移してチェリーの味わいを凝縮させます。

IMG_6565.JPG

ゲル化剤を加えて滑らかな状態のフルーツクリームに。

IMG_6567.JPG

とろみのあるグリオットチェリークリーム。冷やし固めておきます。

IMG_6380.JPG

いちご、グリオットチェリー、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーの赤い果実のミックスピューレ。

IMG_6381.JPG

カカオの酸味、苦味のバランスが素晴らしい、ペルー産トリニタリオ種のシングルビーンカカオのブラックチョコレート。

ホイップクリーム、ふんわりと仕上げたパータボンブ。

加えて上記のフルーツピューレを合わせて、ムースショコラフリュイルージュを仕込みます。

IMG_6382.JPG

型に絞り出したムースショコラ、グリオットチェリークリーム、ブラックチョコレートとアーモンドプラリネ、サブレフレークを合わせて延ばしたパンドジェンヌショコラをセットします。

IMG_6569.JPG

パンドジェンヌショコラ。

自家製ローマッセに玉子を加えてふんわりと泡立てた生地に、たっぷりバター、少量の小麦粉とココアパウダーを合わせ、刻んだグリオットチェリーを混ぜ合わせてオーブンで焼きあげます。

アーモンドとバターリッチな、焼き菓子としても美味しいパンドジェンヌを、フルーティなムースショコラと一緒に味わっていただきます。

IMG_6591.JPG

ルージュ → 赤い果実
ノワール → ブラックチョコレート

濃厚なチョコレート尽くしとなっております。

IMG_6558.JPG

いちごのプディングタルト

濃厚なチーズの味わい。
焼き込んだいちごの旨みがチーズと出逢うことで生まれる、ブリティッシュスタイルのどっしりとしたプディング。

クリームチーズ、たまごとフレッシュクリームを合わせたアパレイユ、カスタードクリーム、ザクザクのパイと一緒にどうぞ。

IMG_6599.JPG

アパレイユには少量の小麦粉を加えて、しっかりとした食べ応え。少し口の中で絡みつくような口どけに。

ジェノワーズにアパレイユを染み込ませて、ラズベリーといちごを加えてオーブンで湯せん焼きします。

空焼きしたパイ生地のタルトにカスタードクリームを絞り出して、冷やしたプディングをセット。

クレムシャンティー、いちごのソースを添えれば完成です。

チーズの味わいにいちごの酸味を組み合わせて仕上げました。

こちらの記事も読まれています