20140604-232552-84352584.jpg

マンゴ、マンゴ。プリンにショコラに、美味しく仕上がりました

マンゴプリン

20140604-224736-82056388.jpg

アジアンデザートの王道のひとつ。
言わずと知れた夏定番のスイーツですよね

濃厚な甘みが特徴のインド産アルフォンソ種マンゴピューレとココナッツピューレをブレンドしたものと、温めた牛乳をミックス。これでは甘々なテイストになってしまうので、加えるのはサワークリーム。

酸味がしっかりしてるのはもちろん、お菓子にコクと深みを加える役割もあります。
レモン果汁も加えて、泡立てたホイップクリームと混ぜ合わせ、カップに流し入れます。

味わいの変化として、ミルクプリンのパンナコッタを添えています。
飾りにはマンゴ、ブラックタピオカを添えて完成です。

キャラメルマング

mangue→マング。フランス語ではマンゴの発音が変わります。

さておき

20140604-230320-83000141.jpg

マンゴ果肉、ピューレ、プリっとした食感を持たせるためにペクチンを加えて煮詰めて行きます。

ここではマンゴの甘ったるさを抑えるために、ジンジャー。生姜を加えて煮詰めます。
味わいにキリッとした”輪郭”を加えます。

20140604-230759-83279442.jpg

お菓子のベースは”ムースショコラキャラメル”
グラニュー糖を焦がしてキャラメルとフレッシュクリームでキャラメルクリームをつくり、卵黄と合わせてアングレーズクリームを炊き上げて、マダガスカル産ミルクチョコレートと混ぜ合わせガナッシュに。チョコレートそのものがキャラメルテイストを持っているので、より味わいのあるキャラメルクリームになります。
画像はキャラメルガナッシュとホイップクリームを混ぜ合わせるところです。

20140604-231434-83674351.jpg

組み立ては
ムースショコラキャラメルを流し入れて、マンゴのコンポート、キャラメルとマジパンローマッセを合わせて焼き上げたキャラメルのソフトスポンジ。

冷やし固めて型から外して、マンゴの黄色いグレーズをかけて、三つ葉のクローバーを模ったマンゴとミルクチョコレートの”ムースショコラマング”をセット。質感の変化のコントラストをつけるために、チョコレートスプレーを吹き付けてセット。

仕上げに一工夫。
赤い粒はピンクペッパーです。

マンゴプリン同様、甘々にならないように、噛みしめると柔らかな辛みが弾けますよ。

旬を愉しむ。
マンゴでお楽しみ下さいね

20140604-232519-84319266.jpg

こちらの記事も読まれています