All posts in 季節のケーキ

バスク地方 スペイン、フランス、両方の国境をまたぐ国なき国と呼ばれ、両国の文化を兼ね備えている。こんな安易な言葉で説明することもおぼつかない独自の文化が発展してきた地域で、一番古いところで言えば宣教師フランシスコ ザビエ […]

洋梨のケーキ。日本でフランス菓子が普及した時、シャルロットポワールというお菓子が流行りました。「ウィリアムポワール」 と呼ばれる洋梨のブランデーを入れたり、ビスキュイアラキュイエールという別立てのスポンジ生地で全体を覆っ […]

伝統的(クラシック)なお菓子をベースに。というのが今年、2019年の新作に対するテーマ。 フュージョンティラミスオペラ、というお菓子はペルシュの過去作としては梅雨時期の間までは定番のアイテムとして数年に渡り提供を続けてき […]

ソメイヨシノの開花に続いて、サクラ科のお花も数多く開花しますが、アーモンドのお花も同じサクラ科というのはご存知でしょうか? そして、さくらの後にはさくらんぼの結実。ここにアーモンドを組み合わせてみたい、それは同じ科目どう […]

バタークリームのケーキ。 店頭販売の有無の問い合わせがしばしばあるので、折角ならこれを機に前々から構想としてアタマの有ったものをカタチにしようと思い、自宅用でちまちま食べるのではなく、ギフトアイテムとしてのニーズを睨んだ […]

国産、日本で栽培されている果実は、本当に生食において右に出るものが絶対ないんじゃないかと思います。 りんご、いちごなどは正にいい例ですね。 そして、柑橘類に関しても蜜柑が代表されるように、海外でも高く評価されたり、また多 […]

レモンの収穫最盛期といえば、冬から春にかけて。その酸味は夏にさっぱりとさせたいような印象が強いですが、旬の食材を取り入れた季節のケーキを常々提案し続けているペルシュスタイルでは、早春のまだ肌寒い時期に楽しんでいただけるよ […]

ルビーチョコレート。 バレンタインシーズン限定で、パリブレストショコラでも採用したルビー色が鮮やかなチョコレート。 パリブレストショコラの詳細はこちらからご覧いただけます そもそも最初にこのチョコレートを口にした時から、 […]

見た目にアッと華やぐスイーツを作ってはくれませんか? とある雑誌誌面の企画に応えるカタチで制作に取り掛かった今回の作品。自分の中ではどこかしらトラディッショナルな装いに仕上げたくて、ある程度わかりやすい構成は意識しながら […]

ヘーゼルナッツは、量販店などで単体として販売されていることを見かけるのは皆無のように感じます。塩味をつけたローストナッツ類にもラインナップされることなく、我々お菓子屋の軒先でようやくその姿を見かけるようになる。一般的には […]

バレンタインといえば、まだまだ男性的なイメージも根強いのではないでしょうか? 異性にプレゼントをする風習としてのバレンタインをフォーカスして考えた時に、お酒の効いたというワードが挙がります。(特にこの季節は!でもその逆の […]

マンディアンチョコレート。 テンパリングしたチョコレートに、ナッツやドライフルーツを乗せたもので、トッピングに使うものの組み合わせによっては、ヘルシーなスイーツとしても注目されているようです。 今年、2019年ペルシュは […]

自社の茶鑑定士が選別を行う、堀田勝太郎商店。 抹茶の産地、宇治にてお茶農家さんとも密接なつながりを持ち、コーシャ認証取得もされている、信頼性にも長けた同社の抹茶。 何かと根強い人気を誇る抹茶なのですが、あえてこの食材を最 […]

ブラックチョコレート。 ダークチョコレートとも、ビターチョコレートとも表現されますが、個人的にはカカオの苦味や酸味を感じるもの全般。という風に捉えています。 これらの風味とは、カカオマスに起因している。ココアパウダーがカ […]

ほうじ茶のブームは未だ陰りを見せることなく、今年の冬もコンビニのHOT飲料売り場でも数種類のほうじ茶由来の商品が陳列されています。 ペルシュでも昨年夏に、食欲減退の夏場から初秋にかけての季節に、香りの良い素材で嗅覚に訴え […]